印鑑社会の日本

イメージ画像

外国は契約の書面にはサインをして契約を締結しますが、日本は印鑑社会のため、契約を結ぶ際には印鑑を捺印します。その中でも実印と呼ばれるハンコ(印鑑)は、「本人であること」の証明として市区町村役所に登録したハンコ(印鑑)のことをいいます。個人が使うハンコ(印鑑)の中では最も重要なハンコ(印鑑)が実印ですが、このハンコ(印鑑)は一生ものなので、一度でも作ると再び作るという事はほぼ無いでしょう。

実印は、住宅のローンを組むときや車を購入するという金額の大きな買い物をする時にその契約を自分が契約を結んだという証明に必要となります。

実印を作る場合は認印とは違い、自分を証明する大切なハンコなので、作成にあたっては慎重に作成をなさる事をお奨めします。 印材が確かなものか、格安の値段を売りにしている店舗から購入するときには注意が必要です。

日本印章業組合等の正規の印章組合に加盟している店舗か、特定商取引法の表示や印材の産地の表示をきちんとされているか、電話等でもきちんと対応しているか、この点はしっかり確認しましょう。
特に、象牙の印華を作成するときには、政府を通して正規の輸入ルートで輸入されている証明ができる印材を使用しているか、「政府の認定証」等で確認は必要です。

個人の証明となる実印として登録できるハンコは、印影が変わらないように変形しない素材で作られたハンコでないと登録先の市区町村の役所でほぼ断られます。ゴム印やシャチハタは当然不可となります。また、実印を作ったというだけでは、実印と呼べません。印鑑登録の届けを市区町村の役所に提出し登録が完了して初めてあなた自身である事を立証する唯一のハンコ、実印となります。

防犯性の高い印鑑
http://www.icysplash.com/
占いで作る印鑑
http://www.e-electricwheelchairs.com/

このページの先頭へ